ブログ

9月19日(土) 一般的に不妊治療を行う場合、タイミング療法から始まり、人工授精、次に体外受精とステップアップしていきます。 タイミング療法はいかに正確に排卵日にタイミングを合わせるかがポイントとなります。 婦人科に通院されている場合はエコーで卵胞の大きさを測定し、血液や尿検査での数値をもとに排卵日を予測しタイミングを・・・続きを読む
9月16日(水) 先日、愛知県鍼灸師会が主催する臨床研修会に参加してきました。 今回のテーマは「めまい」 耳鼻科のドクターによる西洋医学からみためまいの分類、治療法の解説。 東洋医学からみためまいの分類、治療法の解説。 いずれも実技を交えての大変密度の濃い内容で、すぐにでも日頃の臨床に役立つ研修が受けれました。 特に大・・・続きを読む
9月14日(月) この患者さんはアトピー性皮膚炎が主訴の方です。 仕事の付き合いで飲み会が多く、油物や味の濃い物を好みます 東洋医学でいう湿熱タイプの方です。 鍼灸治療での舌診の変化とアトピー性皮膚炎の改善が顕著にみられました。 治療前は舌の苔が分厚く、やや黄色ががった状態で身体に湿邪がこもっている状態。 下の写真は2・・・続きを読む
9月4日(金) 妊娠するうえで最も重要な働きをする卵巣。視床下部、下垂体の影響を受け卵子をつくり女性ホルモンの産生を行ないます。 卵巣の働きをあらわすひとつの指標として、AMH(抗ミューラー管ホルモン)という数値があります。 血中に含まれその量で卵巣の予備機能、卵子をつくる機能があとどのくらい残っているのかを知る目安と・・・続きを読む
8月28日(金) 日本生殖学会、日本産婦人科学会によると不妊症の定義はこれまで、 2年間夫婦生活の営みがあるが妊娠には至らない場合としていましたが、 WHOやアメリカ生殖医学会では1年間という考えが主流で、35歳以上の方の場合、6ヶ月を目安に妊娠しない場合は不妊検査を推奨するとされています。 日本でも先日この流れに沿っ・・・続きを読む
8月25日(火) 一口に便秘と言ってもその程度には個人差がありますが、消化器疾患の国際部会で提唱されている慢性便秘の診断基準は、排便回数が週3回未満、そのうち4回に1回は硬い便、残便感、排便困難感を感じるといったものです。 東洋医学では便秘も他の疾患と同様虚実(きょじつ)に分け治療を行います。 熱秘(ねっぴ)  油っこ・・・続きを読む
8月22日(土) おかげさまでみずほ鍼灸院開院12年目に入りました。 大きな病気や怪我をする事なく、日々治療を行える事に感謝しております。 今後も技術の研鑽とともに地域医療に貢献できるよう努力していきたいと思いますので 今後ともみずほ鍼灸院をよろしく御願い致します。・・・続きを読む
8月18日(火) 腰痛や膝の痛みを訴える方で、調べてみると股関節の動きが硬い方がみえます。 男性はあぐらをかく姿勢で見つかる方が多いのですが、女性はあぐらをかく事が少なく気付いたら症状が進行している場合もあります 股関節は下半身の要(かなめ)となる部分でここの柔軟性が失われると多方面に悪影響を及ぼします。 その為、膝や・・・続きを読む
8月17日(月) お盆休み、みなさんいかがお過ごしだったでしょうか。 僕は休みを利用し和歌山県にある世界遺産、那智大社(なちたいしゃ)に行ってきました。 ここは那智の滝がある事でも知られ、熊野古道とともにパワースポットとしても有名です。 他にも熊野市にある世界遺産の鬼ヶ城(おにがじょう)や日本最古の神社ともいわれる花の・・・続きを読む
8月10日(月) 30代 女性 平成26年左肩の激痛が起こりステロイド注射で痛みはおさまる。その後強いストレスがかかったと同時に左指が痛み腫れてきた。 精密検査を行なうと炎症反応が高値。しばらくして治まるも昨年10月再び左指が腫れてきたため病院を変えて検査。リウマチと診断される ステロイドを処方され症状は落ち着くも、薬・・・続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

10月 2022
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ