ブログ

鍼灸治療の適応、不適応

2020/12/16

12月16日(水)

先日左足がしびれ力が入らないという患者さんがみえました。

その方は乳がんを患い二か月前まで抗ガン剤を行っており主治医には副作用による末梢神経障害と言われていました。

治療を行いご本人も治療への意欲を見せていただいてた中、左小指の動きが悪いと訴えらえるようになりました。

左足と同様抗がん剤の副作用と思いましたが、検査の結果がんが脳に転移している事が原因だと分かりました。

末梢神経障害と疑わず検査を受けないでいたら転移したがんは進行していたでしょう。

改めて丁寧な問診、検査による鍼灸の適応、不適応の判断および医療機関との連携の大切さを痛感しました。

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

10月 2021
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ