みずほ鍼灸院ブログ大腸がん大腸がん検診  

ブログ

大腸がん検診  

2012/02/01

2月1日(水)  日本では食生活の欧米化や高齢化などを背景に大腸がんの発症率が上がっています
近年、日本の大腸がんでの死亡者数はすべてのがんの中で男性は3位、女性にいたっては1位となっています。

大腸がんの検査や治療法は日々進歩しており、早期であれば完治する可能性の高いがんです。
大腸がんは、早期には自覚症状が無い事も多いため、40歳以上の方は年1回の検診が勧められています

検診内容はまず、検便により潜血反応の有無を調べます。 反応陽性の場合大腸内視鏡検査がおこなわれます。
最近の内視鏡は性能が良く、早期であれば開腹することなく内視鏡手術だけで終わる場合もあります。

ちなみに大腸がん検診を受診した人1万人のうち、精密検査が必要とされた方は727人。
その中で実際にがんが発見された方は17人だったというデータがあります。
これを多いとするか、少ないとするかは意見が分かれると思いますが、早期発見の最善の方法である事は間違いありません。

ただ現実に40歳以上で大腸がん検診を受けている方は4,5人に1人程度だそうです
自営業者の方でなかなか健康診断を受ける機会が無かった方。各自治体でもおこなっていますので、是非これを機会にお問い合わせ下さい。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ