ブログ

夏バテ予防

2013/07/10

7月10日(水)
連日の猛暑が続き早くも夏バテ気味の方も多いと思います
患者さんを診ているとこの季節には舌に変化がみられる事が多いです。舌の両ふちに歯型がついたり
舌の表面に白い苔が厚く乗っていたりと。 これらは主に胃腸の働きが落ちると出やすいのですが、夏場の冷たい物の摂り過ぎが原因となる事が多いです 舌の変化は身体の倦怠感や食欲不振、むくみ、関節痛などに顕著に現われてきます。 治療により胃腸の働きを整え、身体に溜まった湿気を取り除く事により夏バテやその他の症状を改善します
皆さんも毎日御自分の舌を観察するとその変化が分かると思います。歯型や白い苔が厚く乗っていたら要注意ですよ

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ