ブログ

不妊症の定義。

2015/08/28

8月28日(金)

日本生殖学会、日本産婦人科学会によると不妊症の定義はこれまで、
2年間夫婦生活の営みがあるが妊娠には至らない場合としていましたが、
WHOやアメリカ生殖医学会では1年間という考えが主流で、35歳以上の方の場合、6ヶ月を目安に妊娠しない場合は不妊検査を推奨するとされています。

日本でも先日この流れに沿って、不妊症とする期間を2年から1年に見直すと発表されました。

この見直しの要因の一つに、近年進む晩婚化が挙げられます。
卵子をつくる卵巣の働きは年齢とともにその働きを落としていき、不妊治療における最も重要なポイントである質の良い卵子を育てる為には少しでも早い治療が望まれるからです。

これに伴い、今後人工授精(AIH)や体外受精(IVF)を受診、出産される方はより増加の傾向をたどると思われます。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ