みずほ鍼灸院ブログ顔の痙攣まぶたの痙攣に対する鍼灸治療

ブログ

まぶたの痙攣に対する鍼灸治療

2016/03/01

3月1日(火)

40代女性
1週間から右下まぶたがピクピクと痙攣するようになる。以降痙攣は絶えず続きおさまる気配が無い為、ホームページを見て当院来院。

痙攣を発症する前日まで忙しくしており、疲れが溜まっていた。
半年前から良性発作性頭位めまい症の治療を受けている。現在もめまいは時々出現。
右後頭部の片頭痛を良く起こす。

まぶたや顔の痙攣を訴える方は割りと多く、特に疲れやストレス、睡眠不足などが重なると出やすくなります。
慢性化すると原因となる顔面神経のそばを通る血管の変性が起こり外科的処置が必要になる場合もある為、経過によってはCTやMRIなどの精査が必要です

この方は3回の治療で痙攣は無くなりましたが、めまいや片頭痛、肩こりなど身体の上部の症状が慢性化しているためそれらを改善する治療を継続中です。

めまいや頭痛、肩こり以外にも眼精疲労や顎関節症などの症状がある方で、首の触診をしてみると上部頚椎が左右どちらかに変位している事がよくあります。
ここを矯正する事で劇的に症状が改善する事がありこれについてはまた詳しくお話したいと思います。

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ