鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

突発性難聴からの耳鳴りに対する鍼灸治療。
11月23日(水)

50代男性  今年8月フワフワとした軽いめまいを感じるようになる。その後自身の声が響くように感じ耳鼻科を受診。突発性難聴と診断され、ビタミン剤、軽いステロイド剤を処方される。
声や音の響きは軽くなるも、寝る前や静かなところでのファーンという高い音の耳鳴りがするようになり、10月に入っても耳鳴りがおさまらない為当院に来院されました。

8月前後はお仕事も忙しかったようで、疲れやストレスも溜まっていたようです。
肩こりがひどく、男性には珍しく足の冷えが顕著でした。

治療は過労やストレスにより上に昇った気を引き下げると共に、上部頚椎、首の骨の歪みを整える事をメインに行いました。
めまいや耳鳴りに限らず、頭痛や目の疲れ、顎関節症など首から上の症状に頚椎の歪みが関わる事が多いように思われます。

3回治療で症状はほぼ消失し患者さんは大変喜ばれました

めまいや耳鳴りをともなう疾患としてはメニエール病などもあげられますが、突発性難聴は原因不明の事が多く長期化する場合もあります。

中には脳梗塞や脳出血の前駆症状として起こる場合もある為、医療機関を受診されて無い場合は詳細な問診と鑑別が重要となります

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
のぼせ、発汗、不眠に対する鍼灸治療。
11月5日(土)

30代 女性  

2ヶ月前強いストレスを受ける事が1週間程続く。その後ストレスの原因は解決されたが、のぼせ、発汗、不眠といった症状が現われ現在も残る。
熟睡できないのが特につらく、家事や子育てにも影響するためホームページを見て当院に来院されました。

ストレスが身体に及ぼす影響は大きく、女性においてはホルモンバランスの乱れによる、月経不順やのぼせ、発汗、抑うつ、イライラなどの更年期様症状の原因ともなります。

この方も強いストレスがきっかけでこころと身体のアンバランスを引き起こしたと考え、東洋医学的アプローチでの治療を行いました。

心腎不交(しんじんふこう)精神的疲労により身体に熱がこもりさまざまな症状を引き起こす状態です。
治療は神門(しんもん)、三陰交(さんいんこう)などを使用。

初回の治療以降、夜中に起きる回数が減り、3回目に見えたと時にはのぼせや発汗も消失し
熟睡できるようになりました

鍼灸治療により身体を正しい状態に戻す事で短期間に症状が改善した症例でした。









投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
石灰沈着性腱板炎
10月24日(月)

50代 男性

以前から体調管理で週1回通院中。
3日前突然右の肩に強い痛みを感じるようになる。

じっとしていても疼き、夜も熟睡できない状態で来院されました。

肩の痛みの原因はいくつかありますが、今回のように急におこる激しい痛みには注意が必要です

鍼灸治療が有効な場合とそうでない場合があります。

今回はすぐに整形外科を受診してもらいレントゲンを撮った結果、肩関節内部に石灰が溜まっていました

正式な病名としては石灰沈着性腱板炎

注射で石灰を抜く処置を行い痛みは翌日には引いていったそうです。

この場合鍼灸治療での治療を継続し、石灰を抜く処置が遅れれば炎症が進む可能性がありました。
中には手術を行なう場合もあります。

鍼灸治療での適応、不適応の判断や医療機関への紹介の重要性を再確認する症例でした。



投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
名古屋市がん検診
10月7日(金)

先日名古屋市が実施しているワンコイン(500円)がん検診を受けてきました

40歳以上で名古屋市に居住しており、職場等でがん検診を受ける機会のない方が対象となります。

前立腺がんについては50歳以上。

女性は乳がん、子宮がんも対象となります。

胃がん検診は今年10月から50歳以上であれば内視鏡検査も選択できるようになりました。

バリウム検査ももちろん有効ですがバリウムで異常が見られた場合は内視鏡検査に進むため、はじめから内視鏡検査を選択される方が増えていくと思われます。

同時にピロリ菌の有無を調べ、ピロリ菌を除菌する事で胃がんのリスク軽減につながります。

詳しくは名古屋市ホームページで御確認下さい。

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
咳喘息(せきぜんそく)について。
9月27日(火)

今週末には10月に入るというのに蒸し暑い日が続いています

季節の変わり目は一日の気温差が大きいため体調を崩しやすく、当院の患者さんも風邪を引いてる方が多くみえます。

そんな中でも長引く咳を訴える方が増えており、咳喘息(せきぜんそく)への注意が必要となります

咳喘息とは気管支が慢性的に過敏となり長引く咳やアレルギー反応を起こす病気です。

風邪がきっかけで起こる事が多いのですが、咳喘息に移行すると咳止めや抗生物質はあまり効果が無く、気管支拡張剤や、ステロイド吸入が必要となります。

咳喘息3割近くの方が喘息に移行するというデータもあります。

喘息などの病歴が無く、風邪などをきっかけに8週間以上咳が続くようであれば、呼吸器科、耳鼻科、アレルギー科などの専門家を受診され、早期に治療を開始する事が大切です





投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3