鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群  
12月11日(火)
治療中気持ち良さそうに寝てみえる方は多いですが、中にはびっくりするくらい大きないびきをかかれる方が見えます。大きないびきをかかれる方の中には睡眠中しばしば呼吸が止まる、「睡眠時無呼吸症候群」であるケースも少なくありません。 無呼吸の原因としては、肥満、耳鼻科疾患による鼻の詰まり、枕の高さが合っていない、アルコールの多飲によるものなどさまざまです。確定診断には1泊入院しての検査が必要となります

無呼吸症候群をそのまま放置すると、高血圧や糖尿病などとの関連がありますし、脳梗塞、心筋梗塞などのリスクも高まると言われていますご家族や知人でいびきが大きく、睡眠時間は十分なのに昼間眠い、朝がつらい血圧が高めなどの症状があれば、一度医療機関の受診をお勧めします。


投稿者 株式会社みずほ鍼灸院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)