鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

つわり

つわりに対する鍼灸治療
9月28日(月)

30代 二人目 妊娠9週目に来院。
妊娠5週目からつわり発症。 常に気持ちが悪く、喉がつまった感じがする。
においにも敏感で、ここ2,3日はまともに食べれず。
倦怠感がひどく 1週間前から肩こりや頭痛も感じ、雨天で悪化

10月からご主人が海外に単身赴任の予定で、不安が大きく精神的なストレスが胃の働きを阻害しつわりを助長していると考えます
治療は内関、公孫、肝ゆ穴などで気の巡りを良くし、胃腸が動いてくれるように働きかけました。

写真は治療ごとの舌診の状態です。

1枚目は初診時で舌自体の色が淡く、舌の苔も厚く胃の働きがかなり落ちている事をあらわしています。

2枚目は3日後、2診目の舌です。舌に赤みが戻り、舌の苔も薄くなっています。
食事が少しづつ摂れるようになり、気持ちの悪さも半減してきました

3枚目は1週間後。舌の赤みがさらに増し、舌苔はほぼ正常に。

1枚目と3枚目ではお顔やくちびるの血色も良くなったのがお分かりいただけると思います。
食事はパスタが食べれるようになり、頭痛、肩こりもあまり気にならなくなってきました。

このようにつわりの改善とともに舌診の変化が客観的にもみられ、治療が奏功しました。

















投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
つわりに対する鍼灸治療
9月22日(月)

30代 女性  妊娠10週目  初産    
妊娠4週目頃から吐き気と食欲不振がはじまる。  吐き気は徐々に悪化していき、最近は何を食べても気持ちが悪くなる 水分摂取もつらく、食品、その他のにおいに対しても過剰に反応するようになる。
ホームページを見て当院来院。

脈 滑弦  舌苔 厚 歯痕あり  肩こりがひどく、頭痛持ち。時々のぼせることがある。
肝脾不和(かんぴふわ)及び、上った気を引き下げる治療を行う。

3診目には吐き気はある程度我慢でき食事量も増える
5診目には肩こりのぼせが軽減し、においにも敏感に反応しなくなる。 舌苔も薄くなり、歯痕も改善
現在も妊娠中の体調管理の目的で週1回通院中です。

この方は下半身の冷えが強く肩こりのぼせがあり、いわゆる上熱下寒(じょうねつげかん)の状態でした。
つわりに対する基本治療とともに上下のアンバランスを整える事により症状の改善につながりました

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
つわりに対する鍼灸治療
11月19日(火)
30代 初産  妊娠6週目よりつわり発症。 強い吐き気、胃痛、常時多量の唾液が出て夜も眠れず。
1日に4、5回嘔吐。食事はゼリー、ヨーグルト、クラッカーなどを何とか食べている状態。においにも敏感。
元々胃腸はあまり丈夫ではなく、食も細く痩せ型。
長い間望んでいたところでようやくの妊娠である為、安定期に入るまでの不安やストレスも重なる。

脈 沈細 舌淡白で無苔 脾胃気虚+肝気犯胃とみたて治療を行う。

2診目には胃痛が軽減するも強い吐き気と多量の唾液は変わらず。
5診目 舌無苔だったのが薄く生えてくる。脾胃の働きが少しずつ回復
7診目 吐き気、嘔吐の回数が減り、夜も眠れるようになる。食事の量も増える
現在も出産までの体調管理も含め治療を継続中。

今まで見てきた中でもかなり激しいつわり症状でした。一時期は入院も考えられてたそうなので快方に向かい良かったです
つわりだけでなく逆児や妊婦さんへの腰痛治療、むくみや産後の体調管理にも鍼灸治療は有効です。

投稿者 株式会社みずほ鍼灸院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)