ブログ

大腸内視鏡検査

2019/04/09

4月9日(火)

2ヶ月程前からお腹の張りや軟便傾向が続いていました。

僕は胃腸の調子を崩す事はあまり無く、初めての症状で気になったので大腸の内視鏡検査を受ける事にしました。

検便での大腸がん検診は毎年受けていましたが、大腸の内視鏡は初めてです。

内視鏡検査を行なっている病院を調べたところいくつか候補が見つかり、その中で昨年開院したばかりですが内視鏡検査に力を入れており設備も整っていたこちらの病院で受ける事にしました。

スタッフの方に検査前の注意事項を説明していただき、当日下剤を服用。(量が多くて少し大変でした。)

検査自体は思ったより全然楽でした。先生の技術とスタッフの方々のサポートよるところが大きかったと思います。

結果はすぐ写真を交えて説明していただき、幸いにも異常はありませんでした。

ポリープなどがあればその場で切除、検査を行い後日結果が説明されるようです。

2017年の統計によると大腸がんでの死亡者数は肺がんに続き2番目に多いようです。

女性においては第1位です。

大腸の詳細な状態やポリープの有無は検便だけでは分かりません。大腸ポリープは将来癌化する可能性もあります。

御家族、親族に大腸がんの方がいる場合や過去ポリープを指摘された方、便秘や下痢を繰り返したり食欲不振、体重減少などの自覚症状がある方は内視鏡での検査をお勧めします。

 

 

カテゴリー

最近の投稿

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ