鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

五十肩
1月11日(月)

60代 男性   昨年11月、50センチ程の高さの脚立から転倒し右肋骨を骨折。
同時に左肩を強く打つ。左肩は骨には異常無かった。

右肋骨は一ヶ月ほどで治癒するが、左肩の痛みが取れず現在に至る。
2、3回整体でマッサージ等を受け直後は楽になるが、すぐに戻ってしまう。

肩関節の運動制限と痛みを伴い、打撲による腱板炎から五十肩に移行したものと判断。
関節の動きが著しく制限される拘縮(こうしゅく)期の手前の状態です。

一般的に五十肩拘縮期に移行した場合、治るまでに半年、1年と時間がかかる事もめずらしくありません。
この患者さんの場合は打撲によって出来たオ血(滞って汚れた血)と経絡上のアンバランスが原因と考え、足臨泣(あしりんきゅう)というツボをメインに治療を行いました。

治療は奏功し、4回の治療で痛み、拘縮とも改善、治癒にいたりました

打撲や外傷がきっかけで痛みが長期に及ぶ事は良くありますが、早い段階で適切な治療を行う事で慢性化に移行するのを防ぐ事ができます。


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新年の御挨拶
1月1日(金)

新年明けましておめでとうございます。

昨年も大きな怪我や病気をする事もなく、みずほ鍼灸院での治療を無事行う事ができました。

今年も自分自身の体調管理をしっかり行い、皆さんの健康な生活へのお手伝いができるよう精進してまいりたいと思います。

本年も宜しく御願い致します。


みずほ鍼灸院     院長 石原 祥雄


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
スクワットの効果
12月22日(火)

僕は甘い物やうどんやパスタなどの麺類が大好きなんですが、40を越えた頃から太りやすく痩せにくくなっているのを実感しています
最も大きな要因は年齢にともなう基礎代謝の低下です
代謝を高める為に一番有効なのは筋肉量のアップですが、継続して筋トレを行なうのはなかなか難しくもあります。

そんな中たまたまスクワットの効果に関する情報を見て、週2,3回行なうようになりました。
実際やってみると10回程でも想像以上に下半身の筋肉を刺激し全身じんわり汗ばむぐらいです

始めたての頃は翌朝の筋肉痛などひどかったですが、今はだいぶ慣れて太ももからおしり周り、下腹部などが締まってきたのを実感しています。

スクワットをやる上で大事なのは正しいフォームで行なう事です
興味のある方はこちらをご覧下さい。

下半身の筋力アップは代謝を上げダイエットにも有効ですし、それ以外にも中高年の方が行なう事でロコモティブシンドローム(運動器症候群)による寝たきり予防にも大変効果があります





投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
二人目不妊について。
12月15日(火)

先日二人目不妊で治療してた方が不妊周期療法2ヶ月目で妊娠しました
二人目不妊でお悩みの方は多く、年々その割合も高くなっているようです。

一度お産を経験すると妊娠しやすくなると思われがちですが、実は医学的な根拠はありません。
逆に1人目のお子さんの子育てや、環境の変化などで子作りに対する余裕が無くなる方も多くみえます。

また出産後体質がガラリと変わる方も少なくありません。
持病やアレルギーが出なくなり体調が改善する方もいれば、高血圧や糖尿病、甲状腺疾患などが表面化し不妊治療を難しくする場合があります。

何より二人目不妊の大きな要因としては年齢による卵巣機能、卵子の質の低下です。

1人目のお子さんを自然妊娠したから大丈夫だろうと治療のタイミングが遅れるとそれだけ卵子の老化は進み、妊娠率も下がってしまいます
特に高齢出産や高度生殖医療で授かった方で二人目を希望される方は出来るだけ早い段階で二人目妊娠への計画、治療を開始する事が望まれます。

今回妊娠された方も御自分の年齢や1人目妊娠が大変だったため早い段階で治療を開始した事が良い結果に繋がったと思われます

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
めまいに対する鍼灸治療
12月11日(金)

70代 女性 

2週間前から首肩こりがひどく、同じ時期からめまいを発症。
めまいは寝てる状態から起き上がる時や物を取ろうと姿勢を低くした時に起こる。
フワーっと短い時間のめまいで、吐き気や難聴、耳鳴りは無い。
血圧が高く降圧剤を服用中。

めまいに関しては、良性発作性頭位めまい症の典型的な例だと思われます。内耳にある耳石の並びがみだれめまいを起こす疾患です。
降圧剤を服用されている方は薬の加減でめまいを起こす事もあり注意が必要です
今回肩こりもひどく頭痛やのぼせもある事から、東洋医学的に気逆肝陽上こうととらえ上に昇った気を引き下げる治療を行いました。

治療穴は太衝、照海、肝ゆ、隔ゆ穴を適宜使用。
4診目には首肩こりは消失。、毎回出ていためまいもほぼ無くなりました。

この方は読書が趣味で長時間本を読む事が多く、首肩を中心に気血が滞りやすいのと血圧が高いため、定期的な御身体のメンテナンスが望まれます。



投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
8