鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

帯状疱疹への鍼灸治療
4月20日(水)

70代 女性 
今年2月右の背中から脇、胸にかけて赤い発疹が出る。
すぐに病院へ行き帯状疱疹と診断される。抗ウイルス剤と点滴による治療を行い発疹、その後出現した水泡はおさまるが、右の脇から胸にかけての痛みが残る。
現在内服薬(リリカ)と週1回のブロック注射での治療を行うが痛みは変わらず、ストレスからか胃の調子も悪化。
日常生活への支障が大きいため、ホームページを見て当院に来院されました。

今回のような高齢者の場合、抵抗力の低下や刺激に対する感受性も考慮し繊細な治療が求められます。

治療は手、足のツボを2、3穴とお灸を併用し、約2週間、五回の治療で痛みはほぼ無くなりました。

帯状疱疹はウイルスにより神経を傷つけ、その後神経痛として患者さんを悩ませます。
中には半年、1年と痛みが長期にわたる場合や水泡が瘢痕化する場合もあります。

ファーストチョイスとしては医療機関での診察と抗ウイルス剤での治療が重要ですが、その後は鍼灸治療を併用する事で早期に回復する事が期待できます

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コーヒー摂取と心拍数
4月11日(月)

僕は毎朝仕事前にコーヒーを煎れてチョコレートを食べながら飲むのが楽しみでもあります
自宅やコンビニのマシンで煎れた物を飲む事も多く、日々の生活で欠かせない物となっています。

先日久留米大学の血管内科の医師がコーヒーの摂取と心拍数との関連データを発表しました。

それによると日常的にコーヒーを摂取する事で心拍数の低下および死亡率の低下がみられたそうです。

心拍数が低下するという事はそれだけ心臓への負担が軽くなるという事なので、心筋梗塞や狭心症などのリスク低下につながります。

他にもコーヒー摂取と空腹時血糖との関連もあり、
特に食前のコーヒーは血糖値の上昇を緩やかにするというデータもあります。

いずれにしても砂糖やミルクをたっぷり入れるのはNGで、ブラックコーヒーを1日3~4杯が適量なようです。

それ以上だとカフェインの過剰摂取につながるので注意して下さい。





投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
PMS(月経前症候群)に対する鍼灸治療。
3月28日(月)

40代 女性 
8年程前から、月経前の頭痛、めまい、吐き気、肌荒れなどの症状に悩まされている。
お子さんが二人みえ、妊娠、授乳中は上記の症状は無かったが、半年前生理が再開してから再び出現。

現在は生理2週間前からほぼ毎回症状があり、生理が来ると治まるのを繰り返している状態。
婦人科でPMS(月経前症候群)と診断される。
日常生活にも支障をきたす為、知人の紹介で当院来院。

初診時、手足、下腹部の冷えが顕著。顔から頭頂部にかけては明らかな熱感があり、冷えのぼせの状態。
お顔の肌荒れがあり、背中の上部にもにきびらしきものが目立ち、舌診での舌裏の怒張もありオ血の存在も認められました。

治療は内関、太衝、隔ユ穴などを使用。

2診目生理1週間前、頭部熱感があり頭痛もあった為、百会の刺絡(しらく)で1,2滴血を抜きました。

この治療後頭痛、めまいはほぼ消失。身体全体が軽くなり、お顔の肌荒れも改善
3診目、生理が来てからも調子は良く、こんな状態は何年ぶりかと御本人も驚かれていました。

生理痛やPMSなどで日常生活に支障をきたしている方は少なくありません。
小さいお子さんを抱えている方やお仕事をされてる方はなおさらつらいと思われます。

今回の症例のように数年前からの激しい症状であっても短期間に改善する事は良くあります。
身体の状態が改善される事で、肌荒れの改善など美容の面でも相乗効果を得られた症例でした。









投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
不妊鍼灸公開講座
3月21日(月)

昨日は京都で開催された不妊鍼灸ネットワーク主催の公開講座に参加してきました。
全国から120名の鍼灸師および医療関係者が参加し、みなさん熱心に講義に耳をかたむけていました。

講義はネットワーク会員の不妊治療の症例発表やレイザー治療を併用した不妊治療のデータ開示、不妊専門クリニックのドクターによる不妊治療の現状と題した講義やラボワークの実際など大変内容の濃い、充実したものとなりました。

現在不妊専門クリニックを受診される半数近くは40代だそうです。
明らかに近年の晩婚化の影響です。
卵巣の働きの低下、卵子の質の低下など不妊の原因として年齢が大きく左右する中、治療も高度化、複雑化しています。

そういった中での鍼灸治療の役割や啓蒙活動の必要性を改めて感じました。


講義後は錦市場でお茶や生湯葉、西京漬けなど京都名物をたくさん買う事ができ充実した一日となりました










投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
運動と活性酸素
3月12日(土)

少しずつ日が長くなり、陽気も春の到来を予感させるようになってきました
暖かくなると健康の為運動を始める方も多いと思います。僕も最近ジムに通い、マシンやプールで身体を動かしリフレッシュしています。

適度な運動は肉体的にも精神的にも良い影響を与えますが、心拍数が急激に上昇するような運動は活性酸素を増加させます。
活性酸素とは細胞が酸化する事でできる副産物でシミしわなど老化の原因になる事で知られています。
簡単に言うと身体の錆(さび)のような物です。

なので健康を考えた運動としてはウォーキングが最適とも言われていますが、最近はフルマラソンに参加される方やロードバイクで長距離走る方。ボディメイキングの高負荷の筋トレをする方も珍しくありません。

そういった方には抗酸化作用が高い食材を摂る事をお勧めします。
代表的なものとしては、牛、鳥、豚のレバー、ブロッコリー、いちご、納豆、豆腐、ナッツ類などがあります。
また緑茶にふくまれるポリフェノールにも高い抗酸化作用があります。

スポーツ後の疲労がなかなか取れない方や最近シミやしわが目立つようになった方はこれらの食材を摂る事をお勧めします。
サプリメントだとビタミンA、C、Eなどが抗酸化作用があるビタミンとして効果的です

明日は名古屋ウイメンズマラソン。
出場される方は完走できるよう頑張ってください

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6