鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

顔のけいれんに対する鍼灸治療。
3月22日(水)

50代 女性 

2月はじめごろから左の口元のけいれんが起こりはじめたので整形外科を受診。頭や首のMRI検査を行なう。

そこでは血管が顔面神経を圧迫しているかもと言われ、薬で様子をていたがけいれんが治まらないためホームページを見て当院に来院。

2週間後に趣味でやっている楽器の発表会でソロパートがある為何とかけいれんを軽くしたいとの事でした。

けいれんには波があり、緊張したりストレスを感じると悪化肩こりも悪化要因となるようです。
元々メンタルが弱く、緊張したり落ち込んだりしやすい性格との事。

治療もその辺りのフォローを意識し、東洋医学での肝、腎のバランスを整える鍼をしました。

初診は左百会、合谷、太衝、肝ゆ穴を使用。

2診目 前回治療後リラックスできたが2日間けいれんは増したとの事。治療後一時的に症状が悪化する事はありますが治療の方針は間違っていないと思ったので使うツボと刺激を前回より軽くに変更。

3診目 けいれんは大幅に減少し発表会のソロパートも無事演奏する事ができたと喜ばれました。

現在は体調管理のため週1回治療に見えています。

顔のけいれんは顔面神経の物理的圧迫が原因で外科的処置が必要であるものや何年も前から慢性的にあるもの以外は鍼灸治療が有効です。

ストレスや疲労、首肩こりが悪化要因となる事が多く、東洋医学的診断で全身のバランスを整える事で改善していきます

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
めまいに対する鍼灸治療
3月13日(月)

30代 女性 

3日前より花粉症と同時にめまいを発症。 回転性のめまいで軽い吐き気をともなう。耳鳴り難聴は無い。

首肩こり頭痛がひどく、足先がとても冷える。お子さんが二人でまだ小さく、最近子育て家事の疲れが溜まっていたそうです。

めまいをきたす疾患はメニエル病、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴などがありますが、脳梗塞など重篤な疾患が原因となる事もあるので注意が必要です。

この方は東洋医学的に診ると、疲労により脾胃の働きが低下し身体に余分な水分(湿邪)が溜まり、それが上半身に影響しめまいや首肩こり、頭痛を起こしていると考えました。

舌を見ると分厚い苔がべったりとついており、やはり湿邪の影響がうかがえました。

治療は豊隆(ほうりゅう)、脾ゆ、太衝(たいしょう)を使用。
治療後はかなりすっきりした御様子でした。

3日後来院された時はめまいはほぼ治まって、舌の苔もかなり薄く綺麗になっていました

このように激しいめまいや肩こり、頭痛でも早期に適切な処置を行なう事で早期に改善する事が可能です





投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
春先の体調、美容管理。
2月27日(月)

早いものであさってからは3月。三寒四温をくりかえし、春の到来も間近となりました。

この時期は寒暖の差が激しいので体調を崩される方が多くみえます。

特に急激に気温が上がった際は、花粉症喘息アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状や、めまい、肩こり、頭痛などの症状が出やすくなります。

東洋医学で言う、気逆(きぎゃく 気が過剰に昇り首から上の症状が出やすい状態です。
気血の巡りが悪くなるため、のぼせやすく手足は冷えやすく、理由もなくイライラしやすくもなります。

僕もここ数日目の乾きやショボショボ感、鼻詰まりが出だし軽いのぼせの状態だったので自分で耳ツボ療法を行い、症状はかなり軽くなりました
花粉症には耳ツボ療法を併用すると大変効果的です
季節の変わり目、特に春先は何となく体調が優れないという方は御相談下さい。

女性におかれましてはこの時期美容鍼と共に、瀉血(しゃけつ)、カッピングでデトックスを行なう事で肌荒れやお顔のむくみ、たるみ、目のクマなどの症状改善にもつながります

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
血圧管理。脈圧(みゃくあつ)について。
2月7日(火)

冬場は心筋梗塞や脳梗塞、脳出血など命に関わる病気のリスクが高まってきます。

大きな要因として高血圧があげられますが、みなさん脈圧(みゃくあつ)という言葉を御存知でしょうか。

これは最高血圧と最低血圧の差の事で、これが小さすぎても、大きすぎても心臓に負担をかけると言われています。

特に30代、40代の若い世代で脈圧が30mmHg以下であれば動脈硬化が進行している可能性があり、急激な温度変化、血圧の変動による病気のリスクが高くなります

睡眠不足や不規則な食生活、ストレスなどにより高血圧ではないけれども脈圧が極端に小さい方は血圧の定期的

な管理と共に適度な運動、食生活の改善を意識してみましょう。

鍼灸治療には血圧を安定させ、病気のリスクを軽減する効果がありますので治療も含めお気軽に御相談下さい



投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
寒さ対策と食養生。
1月24日(火)

大寒を過ぎ少ずつ日が長くなっているのを実感しますが、厳しい寒さはまだまだ続きます

インフルエンザや胃腸風邪が流行っているようですのでみなさん十分お気をつけ下さい。

気温が下がる事で、痛みやしびれその他身体の不調も出やすくなります。カイロを貼ったり保温発熱効果のあるインナーを着たりお風呂にゆっくりつかったりとみなさんそれぞれ寒さ対策はされていると思います。

その他食養生として生姜(しょうが)は身体を温める食材として有名ですが、他にもチョコレート、シナモン、栗、しそ、にら、ねぎ、らっきょう、小麦なども身体を温める効果が高いと食材です。

逆にいちごバナナ、柿、なす、さといも、セロリ、ひじき、昆布、ピーナッツなどは身体を冷やすと言われているので、冷え性の方や妊活中の方、妊婦さんなどは食べ過ぎに御注意下さい

カイロを貼る場合は肩甲骨の間やおへその下、骨盤周りに貼ると効果的です


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2