鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

顔の痙攣

顔のけいれんに対する鍼灸治療。
3月22日(水)

50代 女性 

2月はじめごろから左の口元のけいれんが起こりはじめたので整形外科を受診。頭や首のMRI検査を行なう。

そこでは血管が顔面神経を圧迫しているかもと言われ、薬で様子をていたがけいれんが治まらないためホームページを見て当院に来院。

2週間後に趣味でやっている楽器の発表会でソロパートがある為何とかけいれんを軽くしたいとの事でした。

けいれんには波があり、緊張したりストレスを感じると悪化肩こりも悪化要因となるようです。
元々メンタルが弱く、緊張したり落ち込んだりしやすい性格との事。

治療もその辺りのフォローを意識し、東洋医学での肝、腎のバランスを整える鍼をしました。

初診は左百会、合谷、太衝、肝ゆ穴を使用。

2診目 前回治療後リラックスできたが2日間けいれんは増したとの事。治療後一時的に症状が悪化する事はありますが治療の方針は間違っていないと思ったので使うツボと刺激を前回より軽くに変更。

3診目 けいれんは大幅に減少し発表会のソロパートも無事演奏する事ができたと喜ばれました。

現在は体調管理のため週1回治療に見えています。

顔のけいれんは顔面神経の物理的圧迫が原因で外科的処置が必要であるものや何年も前から慢性的にあるもの以外は鍼灸治療が有効です。

ストレスや疲労、首肩こりが悪化要因となる事が多く、東洋医学的診断で全身のバランスを整える事で改善していきます

投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
まぶたの痙攣に対する鍼灸治療
3月1日(火)

40代女性
1週間から右下まぶたがピクピクと痙攣するようになる。以降痙攣は絶えず続きおさまる気配が無い為、ホームページを見て当院来院。

痙攣を発症する前日まで忙しくしており、疲れが溜まっていた。
半年前から良性発作性頭位めまい症の治療を受けている。現在もめまいは時々出現。
右後頭部の片頭痛を良く起こす。

まぶたや顔の痙攣を訴える方は割りと多く、特に疲れやストレス、睡眠不足などが重なると出やすくなります。
慢性化すると原因となる顔面神経のそばを通る血管の変性が起こり外科的処置が必要になる場合もある為、経過によってはCTやMRIなどの精査が必要です

この方は3回の治療で痙攣は無くなりましたが、めまいや片頭痛、肩こりなど身体の上部の症状が慢性化しているためそれらを改善する治療を継続中です。

めまいや頭痛、肩こり以外にも眼精疲労や顎関節症などの症状がある方で、首の触診をしてみると上部頚椎が左右どちらかに変位している事がよくあります。
ここを矯正する事で劇的に症状が改善する事がありこれについてはまた詳しくお話したいと思います。


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)