鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

風邪

咳喘息(せきぜんそく)について。
9月27日(火)

今週末には10月に入るというのに蒸し暑い日が続いています

季節の変わり目は一日の気温差が大きいため体調を崩しやすく、当院の患者さんも風邪を引いてる方が多くみえます。

そんな中でも長引く咳を訴える方が増えており、咳喘息(せきぜんそく)への注意が必要となります

咳喘息とは気管支が慢性的に過敏となり長引く咳やアレルギー反応を起こす病気です。

風邪がきっかけで起こる事が多いのですが、咳喘息に移行すると咳止めや抗生物質はあまり効果が無く、気管支拡張剤や、ステロイド吸入が必要となります。

咳喘息3割近くの方が喘息に移行するというデータもあります。

喘息などの病歴が無く、風邪などをきっかけに8週間以上咳が続くようであれば、呼吸器科、耳鼻科、アレルギー科などの専門家を受診され、早期に治療を開始する事が大切です





投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
風邪の予防。
11月30日(月)

いよいよ明日から12月。師走を迎えます。
今年は暖かかったので最近の急激な気温の変化についていけず、風邪をひいてる方が増えています

一口に風邪といっても、中医学、漢方医学では、頭痛、寒気、発熱の度合い、汗をかいてるかどうか、関節の痛みや胃腸症状の有無、体力の度合いなどや舌診、脈診により処方を変えていきます

初期の段階で適切な治療を行えば短期間に治癒しますが、処方を間違えたり、タイミングを逃すと長引く結果となります。

風邪の予防や初期には背中の上部にカイロを貼るのが効果的です
ここは肺ユや風門、大椎などと言った呼吸器に関わるツボが並んでおり、ほかにも副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの緩和にも有効です


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)