鍼灸院@名古屋 | みずほ鍼灸院
HOME>院長ブログ

頭痛

PMS(月経前症候群)に対する鍼灸治療。
3月28日(月)

40代 女性 
8年程前から、月経前の頭痛、めまい、吐き気、肌荒れなどの症状に悩まされている。
お子さんが二人みえ、妊娠、授乳中は上記の症状は無かったが、半年前生理が再開してから再び出現。

現在は生理2週間前からほぼ毎回症状があり、生理が来ると治まるのを繰り返している状態。
婦人科でPMS(月経前症候群)と診断される。
日常生活にも支障をきたす為、知人の紹介で当院来院。

初診時、手足、下腹部の冷えが顕著。顔から頭頂部にかけては明らかな熱感があり、冷えのぼせの状態。
お顔の肌荒れがあり、背中の上部にもにきびらしきものが目立ち、舌診での舌裏の怒張もありオ血の存在も認められました。

治療は内関、太衝、隔ユ穴などを使用。

2診目生理1週間前、頭部熱感があり頭痛もあった為、百会の刺絡(しらく)で1,2滴血を抜きました。

この治療後頭痛、めまいはほぼ消失。身体全体が軽くなり、お顔の肌荒れも改善
3診目、生理が来てからも調子は良く、こんな状態は何年ぶりかと御本人も驚かれていました。

生理痛やPMSなどで日常生活に支障をきたしている方は少なくありません。
小さいお子さんを抱えている方やお仕事をされてる方はなおさらつらいと思われます。

今回の症例のように数年前からの激しい症状であっても短期間に改善する事は良くあります。
身体の状態が改善される事で、肌荒れの改善など美容の面でも相乗効果を得られた症例でした。









投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛への鍼灸治療  
10月13日(月)
2週にわたって台風が接近しています低気圧の接近で身体の変調をきたす方も少なくありません。
特に最近は季節の変わり目とあわさって頭痛、肩こりを訴える患者さんが多いように思われます。

頭痛に関しては前もブログで述べましたが、さまざまな頭痛のタイプからその方の状態を把握し治療する事が大事です
その中でも頭頂部がむくんでいる方が多く、のぼせや目の疲れ、肩こりなどの症状が同時に出てきます
この場合治療法はいくつかあるのですが、頭頂部からの瀉血(しゃけつ)がよ良く効きます。
きつい頭痛でも鍼で1,2滴頭頂部から血を出す事で痛みの元となる、汚れた血やこもった熱が排出され女性だと肌荒れの改善にも効果があります
ただ中には瀉血が適さないタイプの頭痛もありますのでしっかりと鑑別が必要です。
 

アメブロも更新中です。


投稿者 みずほ鍼灸院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛への鍼灸治療  
5月13日(火)

今回は頭痛についてお話したいと思います。
頭痛にもさまざまなタイプがあり、中には重篤な病気が隠れている場合もあり注意が必要ですが、大半はいわゆる片頭痛、緊張型頭痛と呼ばれる物です。
ひどいと頭痛薬を常用し、日常生活に支障が出ている方も少なくありません

東洋医学的にもいくつかの種類に分類されますが、特に多いのが肩こり、眼精疲労、イライラなどを伴い下半身は冷えたりむくんだりするいわゆる、上実下虚(じょうじつかきょ)のタイプが多いように思われます

日頃の運動不足やストレスなどにより、頭部に余分な物(邪気)が溜まって痛みを引き起こします。
生理前、頭痛や肩こりがひどくなる方もこのタイプです。
油っこい物を好み、お酒を良く飲む血圧も高めな方にも当てはまります。

鍼灸治療によりこの上下のアンバランスを改善する事で、より頑固な頭痛も改善していきます。
基本は上から邪気を排出するか、下に降ろすかを考え、患者さんのタイプに合わせ治療法を選択します。
頭痛、肩こりでお悩みの方はご相談ください。


投稿者 株式会社みずほ鍼灸院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頭痛 肩こり  
9月3日(火)
70代女性  以前から風邪を引きやすく、その度右の首筋から肩こり、頭痛を発症 2日前から同様の症状が出現。あまり薬を飲みたくないのと知人の勧めもあり当院来院。
主訴の頭痛、首肩こりの他、悪寒、鼻閉、軽い喉痛があり、やや浮脈、舌診に変化なし。
風寒の邪を感受した事による表症と判断し右外関に刺鍼。 脈の改善をもって治療終了2日後いつもなら長引く所すっかり良くなったと連絡があり喜ばれました。
今回は教科書どおりの比較的簡単な症例ですが、単純な首肩こりと思っても中には重篤な病気が隠れている場合もあるので正確な鑑別が大事になります。



投稿者 株式会社みずほ鍼灸院2 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)